35歳主婦パートの出来ちゃった婚体験談

彼と結婚したのは、ただ単に子供ができたから。できちゃった婚以外の何者でもない。
どうしようもなく好きで好きで仕方なかったというよりは、アクシデントで結婚までしたという感じ。
子供ができるって、すごく嬉しいもので、二人ですっごく喜び合うものだと思ってけど、
実際はそうではなかった。結婚なんて何も考えてない時期に、妊娠が発覚した。
二人とも無言だった。今後どうしようという気持ちが強かった。彼は無職に近かったし、
私も自分が生きていくだけで精一杯だった。彼がやっと搾り出した一言で未来が開けた。結婚しよう。
あのときの無言は今考えると笑える。でもあの時、生まないという選択をしなくて本当によかったと思う。
できちゃった婚は、いろいろ準備が整ってないので、結婚式もどうでもよい会場でやっちゃたし、
つわりがまだまだひどくて気持ち悪かったけど、それでも自分の子供の顔を見ると生まれてきてくれてありがとう、という気持ちになる。
結婚をきっかけに彼もきちんとした定職につき、そこまで生活は楽じゃないけど、なんとかやれている。
というよりも、子供のためにがんばっている。彼もそうだ。子供のためにがんばってくれている。
その姿を見ると、この人と結婚してよかったと思う。アクシデントもたまには悪くない、そう思う。
できちゃった婚が私たちを繋げてくれた。よくよく考えてみると、ミラクルのようなことだ。
ただやっぱり、いろんな準備は必要だとは思った。特に避妊具なんかは。