円交

自宅のポストにある手紙が入っていました。「学生の頃、円交していませんでしたか。」気味が悪かったです。そして円交をしていたのが事実だったので、この事を知っている人は誰だろうと気になりました。私が円交していることを知っていたのは相手の男性だけ。でも複数いたため特定が出来まませんでした。そんな不安の中また数日後、手紙が入っていました。

「なんで、俺のことを見捨てたのですか。」この手紙で犯人が誰だかすぐ分かりました。それは私のことを好き好きとストーカーみたいな行為をしていた松本くん。なぜ私の自宅が知ったのかを疑問に思いました。私は彼に連絡をしました。
女子高生との円光

「電話した理由分かるよね。」「はい。なぜ私のことを見捨てたんですか。」「お金がないって言ったから、私はあくまでも円交で会ってただけで、恋愛は求めてないの。それに、これ以上何かするなら警察に通報するよ。」「分かりました。でも私は決してお金がなかったわけではありません。金がなくてもあなたは私と付き合ってくれると思ったからです。でも、それは私の勘違いだったんですね。怖い思いをさせてごめんなさい。」それから彼は私に手紙も送ることがありませんでした。

程なくして私は結婚しました。だけど、結婚式を挙げた式場に私にストーカー行為をしていた彼がいました。どうして私の家を知っていたのか理由が分かりました。松本くんは夫の仕事の同期。夫に聞いて私の居場所を知ったのかと思いました。それに気づいてからより昔の過ちに後悔しています。
円光
円光